二日酔いはアルコールが過度に体内に吸収された結果起きる現象で、病気とはいえませんが、本人には辛いものです。
二日酔いになってしまうとこれまで抜本的な対策はないとされてきました。

○二日酔いに効くツボのマッサージ
魚際。。。エネルギーの道筋である経絡から説明がつかないが、長年の治療の経験から割り出されたツボ。
親指の付け根にあり、二日酔いになると、ここが圧迫されたような痛みが出るのでそこをマッサージします。

昔は二日酔いには迎え酒が良いと言われていましたが、これは大きな間違い。

アルコールが抜けていないのにまた酒を飲むのだから当然逆効果。

二日酔いの原因はアルコールが分解される途中で作られるアセトアルデヒド。二日酔いを解消するにはこの物質を早く体外に排出しなくてはならない。

何か食べられる状態ならば出来るだけ炭水化物を摂ったほうが良い。とにかく何か食べれば新陳代謝も活発になり、アセトアルデヒドを分解する肝臓の働きを助けることになる。

ごはんがのどを通らない時にはフルーツだけでも食べると良い。フルーツは水分が多いし、またフルーツに含まれる果糖はアセトアルデヒドの分解をよくしてくれる。ビタミン類も肝臓の栄養補給源となる。

果物の中で特に二日酔いに効くのが柿です。柿に含まれるタンニンやペクチンは血中のアルコール濃度を抑える働きをしてくれる。水分の多いスイカやメロン、ビタミンCの豊富なキウイフルーツも良い。

お風呂やシャワー、サウナに入るのも二日酔いには効果。ただこれはアルコールが分解されてしまってからの話。酔っている時の入浴は危険なので注意。

先にあげたツボへのマッサージと合わせて行なうと良いですね。