【その壱】からの続きです。

リラクゼーションサロンを開業して1年以内で撤退するケースはひじょうに多いです。

そうならないように、開業のお手伝いしたいと私は考えております。

ラクシーのオーナーである私はCを考えております。私の考えるCとは。。。

C:研修を受け、サロンの勤務は省き、開業する。

これこそモチベーションが下がらない短期間開業プランではないでしょうか。

『サロンの勤務を省く』ことにより目指した日から開業までがグッと期間短縮になります。

マンツーマンで研修を行います。勿論費用は若干頂きます。

期間はボディケア(整体)の研修で1ヶ月程度でしょう。

では大事な『経験』はどうするの?!

それはラクシーのスタッフ陣がお客様の代わりとなって練習台となり、プロの先輩達からアドバイスをうけながら経験を積みます。勿論、先輩達のお墨付きが出たら実際にお客様の担当もしてもらいます。

開業に向けた研修なので≪対お客様≫の研修内容になります。

知識・技術・経験の3つを得ることができます。

そしていざ独立となってからもサポートを行います。

「備品購入先」「広告」「ホームページ」「パンフレット」「開業届出」「経理」は開業前後で必要ですが、独立経験者からしたら難しいことではありません。

次回【セラピスト未経験だけどリラクゼーションサロンを開業したい!その参】では費用についてご紹介したいと思います。