便秘とサヨナラをするための腸が喜ぶ食改善術

便秘とさよならをするということは、便の腸内停滞時間を短くする方策を考えることが先決です。腸内停滞時間を短くするには、腸の蠕動運動という便を送り出す動きが活発になる必要があります。そして腸が活発に動くためには、腸内環境を整えることが必要になります。

便は、もともと食べ物です。食べ物の内容によって便性が異なります。また食べ物の内容によって腸が喜んで動くようになります。

ポイントは、自身のタイプ、状態などを理解して取り組むことです。

一般的にいわれていることが、誰にでも同じような効果があるとは限りません。

そのことをお考えになりながら、腸が喜ぶ食改善術へと読みすすめて下さい。

腸が喜ぶ食改善術その一・・・“ご自分の便秘のタイプを知ること。”

便秘のタイプによって食生活上のポイントが異なるので注意しましょう。

便秘の原因が、食べ物の量や質、運動量に起因する場合とストレスによるものとに二つに大別されます。