『正しい姿勢を目指す』

決して簡単ではありません。長年のクセから姿勢は悪くなってしまいます。

姿勢はとても大切です。

姿勢が悪いと背骨が歪みます。そして骨盤の位置がズレに繋がり腰や肩などの痛みに繋がります。

正しい姿勢を横から見ると綺麗なS字型になっています。

しかし猫背のようにC型になって肩が内側に丸まってしまうと、肩・背中・腰に負担がかかります。

筋肉に負担がかかり続け、凝るということです。

日頃から背筋が伸びた姿勢で生活することが大切です。

しかし自分の姿勢が正しいかどうかは、気付くのは難しいです。

《自分で簡単にチェックする方法》

姿見の前で目を閉じて立ちます。
1分ほどそのまま立ち続けます。
目を開けた時、姿見に映った姿勢が自分の姿勢です。

目を開けたまま鏡の前に立つと無意識に姿勢を直してしまうので、目をつむって立ちます。

どうでしょう。

歪んでませんか?

歪んだ姿勢が自覚できたら、今度は直しましょう。

壁を背中にして直立し、後頭部を壁に付けます。

次に肩を壁に付けます。

次にお尻を壁に付けます。

次にかかとを壁に付けます。

次々と壁に躰を付けていきます。

最初は真っ直ぐ立っていられないかもしれませんが、出来るだけ毎日おこなって馴れましょう。

正しい姿勢を身体に覚えさせるのです。

正しい姿勢が出来れば、肩こり、背中の痛み、腰の痛みがかなり軽減されるでしょう。

許可無く複製・複写・転載することを禁じます