熱中症対策

「のどが渇いた」と感じたときには、既にかなりの水分不足になっていることが多いのです。
暑い日、日差しが強い、汗をかく日は、定期的に少しずつ水分を補給しましょう。
特に夏場は汗と一緒に塩分が失われるので、スポーツドリンクなどを飲むのがオススメです。

・ 日陰や涼しい室内などに移動する
・ ベルト、衣類をゆるめて休む
・ 体を冷やす
氷や冷たい水でぬらしたタオルを手足に当てる。
氷や冷たい水がない場合は、タオルやうちわ、衣服などを使ってあおぎ、風を送って冷やす。
・ 水分を補給する
→水分だけではなく、汗によって失われた塩分をスポーツドリンクで補給する。
【救急車を呼んだほうが良い場合、すぐに病院に行った方が良い場合】

●筋肉が痙攣している(熱痙攣)
●皮膚が青白が体温が正常(熱疲労)
●皮膚が赤く、熱っぽい(熱射病)
●意識がはっきりしない
症状が回復しても必ず病院へ行きましょう。