カテゴリー別アーカイブ: 便秘について

腸の不調が美から遠ざかる原因です

腸が元気だと排泄リズムが良好ということです。
しかし現代人は排泄リズムを乱している方が多いようです。

腸の不調は、肌荒れ等の原因になります。
腸の不調は、ストレスとなりカラダのいたるところに弊害をもたらします。

腸が不調で良いことなんてありません。

今日から出来る『腸を元気にする習慣』を実践すれば、アナタの悩みが解決出来るかもしれません。

1週間は続けてみましょう!

まず始めに、排泄リズムが乱れる主な原因として

1.朝食を食べないと排泄リズムが乱れます。

2.野菜(食物繊維)の摂取が少ないと排泄リズムが乱れます。

3.内臓休息時間である21時以降に食事をすると、胃腸に負担がかかり排泄リズムが乱れます。
改善方法

1.朝食に野菜をたくさん摂る。

2.夕食が21時を過ぎるようなら思い切って食べない。
もしくは炭水化物等の重い食事は避け、野菜や豆腐、納豆のみにする。

3.運動不足の方は腸に刺激を与える意味で、お腹をマッサージする。
左右の手指を組み、お腹に当てて手根(手首内側付近)でグルグル回すようにほぐす。
内臓が動きだし、ゴロゴロ音が鳴ります。
21時前ならいつでも、気付いたときに意識的におこないましょう。

便秘や腸の不調が気になる方は、今日から出来るので即実践しましょう。

 

by ヒーリングサロンRaxy

TOPページに戻る

腸を活発にして血液を綺麗にしましょう

血液はカラダの全細胞に栄養と酸素を送り届け老廃物を回収する大切な役割があります。

便秘により汚れた血液は悪い物を全身に撒き散らすことにもなります。

便秘を改善し血液を正常にすることで、健康を保つことができます。

姿勢が悪く内臓が窮屈になっていたり、運動不足、21時以降の食事などの不規則な食生活など。。。

今すぐ改善できるものは改善しましょう!

便秘によるカラダへの悪影響(体内毒素排出障害)

便秘などによって腸内に食べ物のカスが長時間滞ると、悪玉菌が増えてビフィズス菌などの善玉菌が減少します。

そして悪玉菌の腸内腐敗が起こり、アンモニア、フェノール、インドールなどの有害物質が作られます。

これらは通常、腸管壁から吸収されて肝臓で解毒されるものですが、便秘のために多量に生成され過ぎると、血液中にあふれ出して全身を巡り、様々な弊害を引き起こす原因になります。

 

 

ヒーリングサロンRaxy秋葉原では女性限定メニュー『腸セラピー』がございます。

15分間お腹をマッサージし腸に刺激を与えます。

腸セラピー/バウエルマッサージ/Raxy秋葉原店

便秘は、大腸に便が長期間滞った状態を言います。
便は食べ物から成りますので、食生活の改善で便秘や便性質に変化がみられるはずです。
便秘を解消するためには、腸内環境を整え食生活の改善が必要です。

腸には、消化された食べ物の栄養を吸収する“小腸”と、便を作る“大腸”があります。

腸セラピーは、小腸を柔らかくして、大腸の働きを活発にします。

また、胃や腸は緊張ストレス敏感腸セラピーリラックス効果で、便秘解消できます。

食物繊維や水分を多く摂る、軽い運動は自分だけで出来ますが、お腹のマッサージは中々出来ません。

ラクシーでは女性限定メニューでお腹のマッサージコースをご用意しております。

単品メニュー:腸セラピー15分2000円(税別)

セットメニュー:デトックスAコース45分5500円(税別)

デトックスBコース60分7000円(税別)

メニューやセットコースについて詳しい情報はホームページをご覧下さい。

単品メニュー 腸セラピー/ラクシー秋葉原店

セットメニュー デトックスコース/ラクシー秋葉原店

腸の≪ねじれ≫による便秘、解消への道

近年明らかになってきたのが

腸の≪ねじれ≫が原因で便秘なるケースもあります。

痛みがあるところに

ねじれ、がある可能性がひじょうに高いです。

ねじれている分、腸が狭くなってつまりやすくなってます。

お腹を押して痛みがある部分は

腸がねじれている可能性があります。

腸がねじれる原因、それは生まれつきです。

腸のねじれは遺伝、親子で非常に似ています。

ねじれ腸は治りません。

しかし、ねじれた部分を緩めることによって通常とおり排便ができるようになります。

レントゲンで見ると分かりますが、痛い部分をマッサージします。

ねじれ腸は外部からの刺激で簡単に緩むのが一目瞭然というほど分かります。

左右にねじる運動も大変良いです。

腸セラピーを受ける→寝る前に1分間、腰ひねり運動→朝起きて寝たままお腹のマッサージ

ヒーリングサロンRaxyの腸セラピーは15分2100円です。

お腹をマッサージし、足のスネから下に点在する便秘に効くツボを刺激します。

15分のボディケアと腸セラピーの組合わせると良いでしょう。

腰周りの筋肉をほぐし、腰にある便秘に効くツボを刺激、そのあと腸セラピー。

そしてセットメニューのデトックスコース

腸セラピー15分、ボディケア15分、フットリフレ30分

も大変お勧めです。フットリフレで胃腸の足ツボを刺激します。

中々、便秘が改善されない方は、是非試してください。

勿論施術した日の夜は腰ひねり1分、翌朝寝たまま自分でお腹を押して刺激。

ラクシーでキッカケ作り、あとはご自分でケアを続けることにより

今まで4,5日に1回だった便通も、2日に1度、そして毎日に♪

 

 

 

 

痩せにくい原因は代謝。セラピストが考える理由。。。

≪基礎代謝が落ちて痩せにくくなる≫

おなかが冷えると便秘になりやすく、下腹がぽっこり出て肥満でなくても太った印象になります。
また、体温が1℃下がると代謝は12%~20%下がるというデータもあります。

冷えによって基礎代謝(じっとしていても消費するカロリー)も下がるので、脂肪を燃やす力が落ち、たとえダイエットしてもその効果があらわれにくく、痩せにくくなります。

便秘予防に良いのは野菜か果物か

女性の大敵「便秘」。お通じがよくなくて毎日困った思いをしている人も多いでしょう。便秘には食物繊維をとることが大事。なのでここで一つ気をつけなければならないことがあります。

若い女性に多いのが「緊張性便秘」。これは学校や職場などで時間がなかったり、周りを気にしたりして便意を無視していると起こりやすいです。便は硬くてポロポロしています。

老人に多いのが「弛緩性便秘」。運動不足や腹筋が弱ったことで起こります。こちらの場合、便が柔らかく量が多いのが特徴です。

この二つの便秘の予防に必要な食物繊維はそれぞれ違います。

「緊張性便秘」の人には果物、海藻、こんにゃく等に含まれる水に溶ける性質の水溶性食物繊維をとることが必要です。

「弛緩性便秘」の人には大根、人参、ごぼう、サツマイモに含まれる水に溶けない性質の不溶性食物繊維が良い。

食習慣の中にこれらの食材を取り入れるよう心がけましょう。

それから緊張性便秘の人はトイレに行きたくなったら我慢をしないことが大切です。またお腹をマッサージでほぐしてあげるのも効果的です。お腹をほぐして強張った腸を緩めてあげましょう。Raxyの腸セラピーは15分コースです。お腹を温め便秘に効くとされるツボをマッサージし、お腹をもみほぐします。

弛緩性便秘の人は毎日腹筋運動で腹筋を鍛えたり、適度な運動をするのが良いでしょう。

秋葉原マッサージ/Raxy秋葉原店

①便秘についてヒトコト 【秋葉原マッサージRaxy】

便秘は、大腸に便が長期間滞った状態。

便は食べ物から成り立ちますので、食生活の改善で便秘や便性に変化がみられるはずです。

便秘を解消するためには、腸内環境を整え食生活の改善が必要です。

 

●食べ物から便になるまでの流れ

1.           口から食べた食べ物は、口腔内で咀嚼してから飲み込みます。

2.           食べ物は、食道を通って胃袋に送られます。胃では、食べ物が消化・分解されて、ドロドロ状へと吸収されやすい形状に変化します。

3.           ドロドロ状の消化物となった食べ物は、十二指腸に送られて膵液や胆汁酸などによりさらに消化がすすみます。

4.           いよいよ消化された食べ物が小腸に送られて栄養源として吸収されます。おおよその所要時間は、約6時間といわれています。

5.           栄養源が吸収された残りが大腸へと送られていきます。大腸を12~24時間かけて通過する間に水分が再吸収されて便となって直腸へ到達します。

何らかの原因によって便が大腸内に滞っている状態が続くと水分が再吸収されて便がどんどん硬くなってしまいます。硬くなった便は排便の際に大きな力が必要となり、苦労することになってしまいます。

場合によっては、肛門を傷つけてしまうこともあります。

 

日本人の約40%が痔に悩んでいるといわれていますが、最大の原因は便秘です。

痔の予防のためにも、便秘を解消しておきましょう。

②便秘とサヨナラ♪ 【秋葉原マッサージRaxy】

便秘とサヨナラをするための腸が喜ぶ食改善術

便秘とさよならをするということは、便の腸内停滞時間を短くする方策を考えることが先決です。腸内停滞時間を短くするには、腸の蠕動運動という便を送り出す動きが活発になる必要があります。そして腸が活発に動くためには、腸内環境を整えることが必要になります。

便は、もともと食べ物です。食べ物の内容によって便性が異なります。また食べ物の内容によって腸が喜んで動くようになります。

ポイントは、自身のタイプ、状態などを理解して取り組むことです。

一般的にいわれていることが、誰にでも同じような効果があるとは限りません。

そのことをお考えになりながら、腸が喜ぶ食改善術へと読みすすめて下さい。

腸が喜ぶ食改善術その一・・・“ご自分の便秘のタイプを知ること。”

便秘のタイプによって食生活上のポイントが異なるので注意しましょう。

便秘の原因が、食べ物の量や質、運動量に起因する場合とストレスによるものとに二つに大別されます。

③便秘タイプ1 【秋葉原マッサージRaxy】

まず腸管の動きが悪く、腸の内容物が長期間停滞し、硬い便になってしまう弛緩性便秘と習慣性便秘ともいわれる直腸性便秘の場合には、十分な水分と食物繊維を摂取することが必要です。

このタイプには、生活リズムを整えたり、運動や腹部のマッサージが効果的です。食生活改善の目指す方向性は、便量増大と腸管への刺激です。

 

≪タイプ1改善方法≫

食事は三食決まった時間に食べることと、適度な運動を心がけましょう。食事内容は、食物繊維と適度の脂質が同時に摂取できる食事が適しています。金平ごぼう、ひじきの炒り煮、切干大根の炒め煮、炒り鶏などや、ガスを発生しやすい食品のくり、いも、かぼちゃなども適しています。適度の香辛料やアルコール、酸味、脂質が、腸管への刺激となり排便を促します。便性を良好に保つために水分をこまめにとることも心がけましょう。かんきつ類の果物も便を軟らかくする効果があります。