月別アーカイブ: 2013年1月

お肌の洗いすぎに注意!

お肌を美しく保つためにと、入浴時にボデイシャンプーをたっぷりつけてごしごし洗う人は多いでしょう。

ところがこれはよくありません。肌を美しく丈夫に保つためにはむしろあまり洗わない方が良いのです。

健康な皮膚は、顕微鏡で見ると表皮の細胞がすきまなく並んで肌のきめが揃っています。角質は水分をたっぷり含んで潤っているし、表面は天然のクリームである皮脂がおおっているのでツヤツヤしています。

毎日石鹸やボディシャンプーをつけて、ブラシやスポンジでごしごし洗った肌を見てみると、健康な肌とは対照的に肉眼で見てもカサカサで粉を吹いたようになっています。

こういった肌は表面がすきまだらけなので、水分がどんどん蒸発してカサカサになっていきます。せっかく分泌された皮脂も洗い流してしまうので余計かさつきがひどくなります。

男性と比べると女性のほうが皮脂の分泌は少ない。それなのに助成の法が化粧をするため荒い過ぎの傾向にあります。ただの乾燥肌から皮膚炎を起こし、アトピー性皮膚炎になってしまうこともありので要注意です。

こうならない為にも美しい肌を保つための肌のお手入れでは、洗いすぎを止めること。髪や肌はお湯で洗うだけで充分。べたつく部分だけせっけんで洗えば良いでしょう。

ゴシゴシ洗いは美容の大敵ということを知っておいて下さい。

他のケアでは、オイルトリートメントが良いでしょう。天然のキャリアオイルで肌に直接、筋肉をほぐすようにマッサージします。毛細血管の血流もよくなりお肌え栄養が行きやすくなります。

Raxy(ラクシー)のアロマトリートメントはブレンドオイル7種類の中からその時のお客様の状態・気分に合わせてお選びいただきます。上質なアロマオイルで筋肉を意識したオイルマッサージを行います。保湿効果にも優れているので既にカサカサお肌にはお勧めです。たまにはお肌のためにもマッサージによる筋肉への刺激、血流アップ、皮膚の代謝を促進させてあげることもお肌ケアにはかかせません。

スポーツをおこなう際の注意点

健康を保つためにスポーツを生活に取り入れているという人は多いでしょう。

「健康のため」と毎日スポーツクラブ通いをかかさない人もいるでしょう。

それではスポーツは本当に体に良いのだろうか。というのも最近スポーツが引き起こす様々な危険や害がクローズアップされているからです。

例えばサッカーでのヘディングやアメリカン・フットボールでのタックル。これらは頭部に強烈な衝撃を与える。これらが選手の学校での成績を悪くすると言う研究報告が、アメリカの医師会雑誌で発表されました。

アメリカン・フットボールでは試合中に脳しんとうを起こす事故がよくあるが、脳しんとうを二度以上起こしたことのある学生は筆記試験の成績が悪い傾向が強いという。それに頭痛や睡眠障害などの症状が出たり、集中力がなくなったりするケースが多いという。

サッカー選手も他の頭部に打撃を受けないスポーツの選手とくらべると、テストの成績があるイリタ傾向にあるというのだ。

サラリーマンやOLが余暇に楽しむスポーツも見直すべき点があります。

たとえばジョギング。歩道道路を走ると足首の捻挫やアキレス腱の炎症、肉離れなどを起こしやすくなります。水泳では平泳ぎなどの首の動きで首の捻挫なども起きる可能性があります。そして意外にもゴルフのプレー中に心筋梗塞や急性心不全になるケースも多いです。

スポーツは体を苛めることにもなります。普段あまりしない動き、急な動き、負荷のかけ過ぎ、衝撃のかけ過ぎは体に良いとは言えません。

「適度に」を心がけましょう。

受験勉強を頑張る子供へのプレゼント、癒し、親の思いやり

受験勉強ってデスクワークと一緒なので、首や肩も凝るし背中も痛くなります。

頭皮もすごく硬くなりますね。

試験近くになると寝不足になり、ストレスも溜まります。

そのまま大事な試験を迎えるか。

少しでもリラックスした状態で試験に挑んでもらうか。

親としてはどちらを選ぶでしょう。。。

当店は早稲田塾 秋葉原校が近いということと

地方からホテルに泊まり受験に挑む学生さんが度々来店されます。

『首、肩のコリ、頭をほぐしてもらいたい』

というのが主訴です。

本当に10代?!

私どもがビックリするくらい、頭、首、肩、背中に疲れを溜め込んでいます。

またストレスは脳(頭)で感じ発します。頭のマッサージをすることにより気だるさの解消、モチベーションUPの手助けになります。

親が最終的にしてあげれることは「言葉をかける」だけではありません。

勉強で疲れた子供に

「マッサージ」というプレゼントも今ではすごく喜んでもらえるものです。

「マッサージなんてまだ早い」なんて思わないで下さい。

お子さんは解消方法を知らないで我慢してるだけかもしれません。

たまに、ご褒美としてプレゼントしてあげてみては?

当店は特に学割サービスはご用意しておりませんが、「yahoo ロコ Raxy」「i spot Raxy」で検索されると初回割引クーポンがございますのでご利用頂ければと存じます。

 

ヒーリングサロン ラクシー秋葉原店は秋葉原駅昭和通り口より徒歩3分

 

若ハゲ・抜け毛対策 | 秋葉原ヘッドマッサージ

若ハゲ、抜け毛の原因及び対策

『酒の飲み過ぎの人』は、肝臓や腎臓の機能が低下している為、髪が額を中心にM字型に後退しています。このようなタイプには、次のツボへの指圧・マッサージ・刺激、が効果があります。

至陰(しいん)。。。足の甲側、小指の爪の下にあるツボ。

湧泉(ゆうせん)。。。足の裏側、親指のふくらはぎのふもとにあるツボ

胃腸が弱くて禿げている人は、人差し指と中指をよく揉むようにし、タバコなどで灸代わりにし、温めるのも良いでしょう。

頭頂から円形にハゲている人は、高血圧が原因です。胆のうの機能が低下しているわけですから足の薬指を丹念に揉みほぐして下さい。

その他、寝不足、ストレスによる抜け毛には。。。

寝不足、ストレス、喫煙による共通点は、頭部の毛細血管の萎縮です。萎縮すると血流が悪くなります。血流が悪くなれば栄養が行き渡りません。それが原因で抜け毛に繋がります。お風呂場で抜け毛の多さに気づいたあなたは「寝不足」「ストレス」「喫煙」のどれかに当てはまりませんか?

毛細血管が萎縮して、頭皮、頭筋の血流が悪くなるのは生活習慣によるものです。なので急には抑制できません。そんな時はヘッドマッサージが効果的です。強制的に血流を良くしてあげます。

ご自分でやる分には構いませんが、お店で施術してもらうには実績のある安心できるお店で施術してもらいましょう。神経などが集中する首の付け根や、目の周りをほぐすので、そのような施術に馴れたお店で施術してもらいましょう。

「地域」+「眼精疲労ケア」「アイケア」などで検索するとヒットするのではないでしょうか。

ラクシー秋葉原店では開業2008年より現在(2013年)まで人気メニューとして扱っております「眼精疲労ケア15分2100円」「ヘッドセラピー15分2100円」がございます。そのコース目当てでいらっしゃるお客様も多くいらっしゃいます。現在の会員数9800人中、80%の方が眼精疲労ケアかヘッドセラピーのコースを選択されています。

頭皮マッサージをする機会は、日常でほとんどありませんが、たまにはマッサージした方が良いです。抜け毛対策、頭痛対策、ストレス解消、リラックス効果があります。

闇雲に自分でほぐすのと、頭筋・頭皮・ツボを理解した人から手順に則ってマッサージしてもらうのと、どちらが良いですか?

髪の毛が薄い人に共通な現象として「頭皮が動かない/動き辛い」というのがあります。

髪の毛がフサフサの人に共通なのは「頭皮が柔らかい」のです。

かたい人より柔らかい人の頭の方が髪の毛に栄養が行き渡りやすいのは分かりますよね?

育毛剤、養毛剤は使用してから暫くの期間経たないと効果が分かりません。

明日からすぐに出来る若ハゲ・抜け毛対策はマッサージでしょう。

 

 

ヒーリングサロンRaxy(ラクシー)秋葉原店

秋葉原でマッサージ、ボディケアをしたい!

買い物で歩き疲れた、仕事の疲れが抜けない。肩こり、背中や腰の痛みなどなど。。。

秋葉原でリラクゼーションサロンをお探しなら

ヒーリングサロン ラクシー秋葉原店のボディケアはいかがですか?

ボディケアのコースはタオル越しにお辛い箇所を念入りにほぐしてまいります。30分くらいで上半身(または下半身)が丁度良いでしょう。45分あると全身ほぐせます。じっくり全身ほぐしたい方は60分、90分とロングコースも承ります。

お客様にご愛顧いただき秋葉原で今年7年目のラクシーは、スタッフ一同これからも精進してまいります!

2013年1月

寝る前のお風呂は身体に良いか、悪いか。

お風呂に入るとリラックスした気分になれます。寒い冬なら暑いお風呂に入って体を暖めて、そのまま布団にもぐりこむという人もいるでしょう。

寝る前、寝る直前にお風呂(湯船)に入ることは、身体に良いのだろうか。。。

寝つきをよくするという意味では、就寝前の入浴はあまりお勧めできません。よほどヒドイ冷え性の方でないかぎりは、入浴直後は寝つきが悪くなるでしょう。

これは人間が睡眠に入るときの体温の変化と関係があります。

入浴直後は0.5度、人によっては1度も体温が上がってます。体温が上がり手足のほてった状態のときは寝つきが悪くなります。一般的に体温がある程度下がっていくときに人は安眠できることがわかっているそうです。

オフロに入った後は身体が暖まっていて体温が下がるまでに時間がかかります。

そうすると中々眠れなくなってしまいます。

ぬるめのお湯に長くつかる入浴法や半身浴などは、冷え性によく効く健康法だと言われていますが、こういった入浴法では身体の芯まで暖まるので体温が中々下がりません。睡眠に関して言えば就寝前の入浴はあまり適にていないということになります。

上がった体温を下げてから眠りたいというなら、入浴から寝るまでに1時間以上あけると良いでしょう。

ちょうど良い熱さの温度は何度?

入浴しても熱くも冷たくも感じない温度を不感温度と言います。これは人間の体温に近い温度で、日本人ならほぼ36度くらいと言われています。欧米人は2~3度高い。

不感温度で入浴するとエネルギーの消耗もなく、心臓への負担も少ないので、身体にとっては良い温度といえます。しかしお風呂に入る時は温かいお風呂に入りたいと思うものですが、あまりに熱いお風呂に入ると体に与える影響も大きくなり、エネルギー消費が高まっていくので注意が必要です。

日本人が快適に感じる温度は約42度と言われています。個人差もありますが平均的に日本人の好みは42度~43度のお湯らしいです。

温かいお湯につかることの一番の効果は、体も温まり心もリラックスーできるリラクゼーション効果があるということ。お風呂に入ると皮膚の毛細血管が開き温まった血液が体内を循環して体の内部まで熱が伝わり、体全体を温めてくれます。温かいお湯は肌を清潔にする効果もあります。

42度が快適温度というのは、世界の各民族からくらべると熱いお湯を好むと言えるかもしれません。湿気の多い日本の風土ではこのくらいの温度のお湯につかったほうがサッパリした爽快感につながるのでしょうか。

日本にはストーブやエアコンなどで部屋を温める手段が無かったため、湯冷めをしないようにお風呂でなるべくよく体を温めておこうとしたのでしょう。

毎日お仕事で同じ姿勢をとることが多い方は特に、湯船につかってこり固まった筋肉の血流を促してあげましょう。眼精疲労(目の疲れ)がある時はオシボリや小さいタオルをお湯で濡らし、目の上に乗せましょう。湯船に浸かりながらだととてもリラックスできます。足のむくみが気になる方は、湯船の中で足ツボマッサージをするのも良いですね。足裏は血流の折り返し地点です。温まりながら手の指の角で足裏をほぐしてあげましょう。

今日も底冷えしますね><

冬ですからしょうがないですね^^;

暖房つけてても足は暖まりにくいです。

デスクワーカーのOLさんにはヒザ掛けは必須アイテムですね。

それでも指先の冷えが気になる方は、血流をよくしてあげるのが一番の対策です。

温めるのも良いですが

指先を動かし、足首を回し、アキレス腱を伸ばす

という運動を3分ほどおこなってみて下さい。血流が良くなります。

足先が冷たいのを気にしながら仕事をするより

思い切って3分間動かしてみましょう!

《冷え性に効くツボ》ツボの刺激は、足の親指の爪、両端を押して刺激を与えて下さい。

 

足がだるい時や、むくんでいるときの対処法

仕事や突然の外出などで普段よりもたくさん歩いた日は足がむくんだり、体がだるくなったりします。しかし疲れていてお風呂に入るのも億劫。。。

こんなときに便利なのが足湯(フットバス)です。

準備は簡単。少し熱めの43度のお湯を沸かし、深めのバケツなどに入れて足を入れて浸かるだけ。そばに継ぎ足し用のお湯を入れたポットを用意しておきましょう。上半身は勿論、服を着たままで良いのでとても簡単にできます。バケツをポットをさえあればすぐにできます。暫くしてお湯の温度が下がってきたらポットのお湯を継ぎ足しましょう。

お湯の中に足を入れたら足の指を開いたり閉じたり動かすと静脈の血液の流れが良くなり、足のだるさや痛みがずいぶん楽になるでしょう。これは足に静脈瘤のある人にも効果的です。

寒い冬などは外出先から帰ってお風呂が沸くまで待てないこともあります。こういうときには足湯をするとたちまち温まって気持ちがよくなります。

女性の場合、生理痛がひどいときは入浴を避けるものだが、痛みがひどいときは足湯をすると痛みが和らぐ場合もあります。

足湯をした後はよくお湯を拭き取り湯冷めしないようにしましょう。

Raxy(ラクシー)秋葉原店のフットリフレは足湯にアロマオイルを垂らします。

5分程度浸かって頂いてから足ツボ、スネ、ふくらはぎをアルマオイルでマッサージします。

ラクシーのフットリフレは英国式と中国式の良いとこ取りMIXです。

歩き疲れ、むくみの症状がある方に大変人気のメニューです。

 

ツボ押しで不調が解消するメカニズム/例えば、胃痛に効くツボを押すと。。。

胃痛に効くツボを押すと。。。

1、『ツボ押しによって鈍った神経が活性化』お腹のツボ「不容」を刺激すると、その部分の神経が活性化する。

2、『情報が脳の視床下部へ』情報が脊髄を走る中枢神経を通って脳に伝わり、自律神経の司令塔である視床下部を刺激する。

3、『脳から調整の指令が出る』視床下部からの指令が胃に届き、胃の働きが調整されて痛みが緩和される。